織田信長が最もひいきした家臣で戦国時代の人気キャラクター、森乱丸(森蘭丸・森成利)の生涯を探る。

澤田ふじ子の小説に描かれた乱丸の女性関係

作家・澤田ふじ子の小説に描かれた乱丸の女性関係

森蘭丸



※澤田ふじ子著「森蘭丸」(光文社文庫)より

森蘭丸

乱丸は侍女(「貴人のそばに仕える女性」の意)の八重に情愛を覚えるものの、身分の低い田舎娘に心を奪われることを自ら戒め、公家の娘である湯布姫に心を寄せていく。

しかし、八重の乱丸に対する一途な思いは続く。
「乱丸さま、おさらばでございまする。」 
八重は、かつて自分を求めた乱丸の心変わりに絶望し、入水自殺を図るが未遂に終わる。

湯布姫は乱丸との婚姻を望み、湯布姫の父も、当時信長の側近で経済官僚であった将来有望な若者と縁を結ぶことを奨励する。
しかし、乱丸の死後、湯布姫の父は明智光秀に咎められるのを恐れて、森家と過去に関わった痕跡を消そうと必死になる。

八重と湯布姫は、戦乱の世で叶わぬ恋の苦境にあえいだ女性たちであった。



森乱丸を描いた小説

森蘭丸 - 乱世を駆け抜けた青春(PHP文庫)
森蘭丸 (光文社文庫)

蘭丸グッズ

戦国武将蒔絵シール「森蘭丸」
戦国無双3 ミニキャラキーホルダー 森蘭丸
戦国無双3 武将の御守り 森蘭丸


目次

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional